矯正治療で自然な笑顔を

あなたは歯並びに自信がありますか?

矯正治療で自然な笑顔を

この質問に対して9割以上の方は自信がないと答えるのでないでしょうか? 日本人は一部の例外を除いて、自然に美しい歯並びになることはないのです。でも、芸能人のような美しい歯に憧れたことはないですか? もしできるなら、そうなりたいと誰もが思うことでしょう。美しい顔・好感度のある笑顔に美しい歯並びは不可欠なのです。こちらでは、大田区・大森駅から徒歩2分の歯医者「山王デンタルクリニック」が矯正治療についてご説明します。

当院の歯科矯正 4つの特徴

  • 歯を抜かないこと
  • 痛みが少ないこと
  • 費用が安いこと
  • 矯正以外の治療を併用することで、短期間に目的を達成できること
歯を抜かないこと

歯を抜かないことはとても重要なことです。日本の矯正専門医は、歯を抜いて矯正するのが当然というような治療をしています。しかし、上下合わせて4本の歯を抜くことは、お口にとって大変なダメージです。当然、咀嚼能力は低くなるでしょう。

もし歯を抜いたとしても、今後歯を失うことがなければ大きな問題はないでしょう。しかし、一生のうちで歯を1本も失わない方はほとんどいないのが現実です。現在、60歳までに平均で5~6本の歯を失うというデータがあります。

このデータに従うと、矯正で4本の歯を抜歯した場合、60歳で残存歯20本を下回る可能性が大きいということになります。この結果、80歳で20本の歯を残そうという8020の目標達成は、極めて困難になるといわざるをえません。また、4本の歯を抜かれた方のお口を診察すると、とても小さく感じます。歯科医の目からすると、なんとも奇妙なものです。若いうちはいいですが、年をとってからどうなるのだろうと不安を感じます。矯正治療を受ける方は、歯を抜くことに安易に同意しないでください。歯を抜かなくても目的を達成できるケースは相当多いのです。

痛みが少ないこと

以前の矯正治療は、かなり強い力で歯を動かしていたので痛いのが当たり前でした。しかし、現在では弱い力で動かしても十分な効果が得られるようになっています。この結果、痛みはずいぶん軽減されました。これは当院だけの特徴ではありませんが、できる限り痛くない矯正治療をするように常に心がけています。

費用が安いこと

日本の矯正治療費は、世界的に見て非常に割高でした。他の一般的な歯の治療が割安なのに、矯正治療だけ異常に高かったのです。たいていの場合、100万円を超える治療費がかかります。その高い治療費を押し下げたのが矯正医の過剰な増加でした。今でも一部の矯正専門医は高額な治療費を受け取っていますが、「高いから良い治療」というわけではありません。

確かに経営を圧迫するような安い治療費は、安かろう悪かろうの弊害を生みます。しかし、妥当な治療費を確保できるなら、そこからは歯科医の良心と技術の問題です。異常に高い治療費を払わなくても、十分良い治療を受けることができるのです。

当院では、上下の全顎治療を60万円(税別)で行っています。この他に毎月の処置費として5,000円(税別)をいただいています。この治療費は、矯正専門医からすれば安すぎるといわれるかもしれません。しかし、それは異常に高い治療費を当然としていた医師の価値観です。私は、これくらいの治療費が妥当な価格だと思います。当院は、この価格で十分な治療を行いますので、どうぞ安心して治療を受けてください。

矯正以外の治療を併用することで、短期間に目的を達成できること

これが矯正専門医にはない特徴です。矯正治療だけで完成させようとすると、後もう少しというところで時間がかかったり、結局うまくいかなくて諦めたりすることが発生します。矯正治療だけでは埋まらない小さな隙間、わずかな傾斜や捻転がうまく治せない、そんな時に総合的に治療を行っている歯科医院であれば矯正以外の選択肢が生まれます。そして、場合によってはそちらを選択するほうが良い結果になることもあるのです。

差し歯があればそれをうまく作り変えることで、矯正と同じ目的を簡単に達成したり、変色した失活歯があれば、上手にセラミックの歯にすることで、変色だけでなく、歯の傾斜や捻転も治せます。矯正を審美治療の唯一の手段とするのではなく、審美治療の一環と位置づけ、他の治療法とトータルで目的を達成する。これが当院の最大の特徴であると思います。

当院の矯正事例

事例01
治療前 治療後
治療前 治療後
上の前歯が一本内側に生えています(1歯の反対咬合)。下の前歯は前後に重なり合っています(叢生)。 ブラケットを装着して行うワイヤー矯正を行い、1年4ヵ月で治療が完了しました。抜歯はしていません。ワイヤー矯正だけの場合、このくらいの期間が必要です。
事例02
治療前 治療後
治療前 治療後
上下の前歯に叢生があります。 非抜歯で矯正しました。治療期間は1年6か月です。
事例03
治療前 治療後
治療前 治療後
見ての通りの歯並びです。 非抜歯で矯正しました。下の歯だけ抜歯をすることも検討しましたが、本人の希望により非抜歯を選択しました。治療期間は、1年3か月です。
事例04
治療前 治療後
治療前 治療後
上下の前歯の叢生です。左上の1番目の歯が捻転し出っ歯になっています。2番目の歯も捻転し、内側に入っています。 非抜歯で矯正しました。治療期間は1年6か月です。
事例05
治療前 治療後
治療前 治療後
左上の前から2番目の歯が、完全に内側に入っています。 非抜歯で矯正しました。治療期間は1年2か月です。
事例06
治療前 治療後
治療前 治療後
上の前歯(さし歯/メタルボンド)がフレアーアウトを起こしていました。今回はクイック矯正といわれる、ワイヤーは用いないで冠をかえることで矯正する方法をご提案しました。 上の前歯4本をオールセラミックでクイック矯正しました。治療期間は2週間程度。天然歯であれば通常の矯正がベストですが、被せ物がある場合は、このようなクイック矯正のほうが良い場合もあります。

治療費について

当院で行っている矯正の治療費をご案内します。

治療費一覧
上下の全顎の矯正治療(お口すべての矯正治療) 600,000円(税別)
上下の顎一方のみの矯正治療 400,000円(税別)
部分矯正 20~30万円(難易度による)(税別)

このほかに毎月の処置費として5,000円(税別)かかります。治療期間を尋ねられることが多いのですが、歯列不正の程度によって異なるため一概にはいえません。目安としては歯を動かすのに1年から2年かかります。また、どうしても抜歯が必要で、抜歯矯正をした場合、約1年治療期間が延びます。